ジャパンラグビー トップリーグ 2018-2019 リーダー会議メンバーおよび活動予定について

ジャパンラグビー トップリーグでは、2018-2019シーズンのジャパンラグビー トップリーグ リーダー会議メンバーおよび活動予定を、稲橋良太代表(クボタスピアーズ)の下、下記の通り決定いたしましたので、お知らせいたします。

本会議は、加盟する全16チームの代表選手で構成され、チーム間のコミュニケーションを促進して情報共有をすること、選手自身がジャパンラグビー トップリーグや日本ラグビーの発展のため、競技の普及活動や試合への来場促進、ピッチ外での社会貢献活動などに取り組むことを目的としています。

ジャパンラグビー トップリーグは、リーダー会議とともに、選手とのコミュニケーションの向上やリーダー会議が発案する活動への協力を図り、リーグや日本ラグビーの発展に寄与できるよう、努力してまいります。

ジャパンラグビー トップリーグ 2018-2019 リーダー会議 概要/活動予定/メンバー

<概要>

■目的 チームの垣根を越えた情報共有
ノーサイドの精神に象徴されるラグビー精神の伝承
選手が主体となったラグビー競技、リーグの発展への寄与
リーグのキャッチフレーズである「FOR ALL」に基づいた社会貢献活動への寄与
■対象 ジャパンラグビー トップリーグ加盟全16チームの代表選手

<活動予定>

①For Children
10月末に、ジャパンラグビー トップリーグの16チームが各チーム近隣の病院を訪問し、病気と闘う子どもたちと交流をします。
(協力:社会福祉法人中央共同募金会(赤い羽根共同募金))

②平成30年7月豪雨災害への募金活動
「平成30年7月豪雨」で被災された方を支援するため、リーダー会議では、ジャパンラグビー トップリーグ 2018-2019の試合会場にて募金活動を実施いたします。

※詳細は決定次第お知らせいたします。

③グリーティングタイム
試合終了後の選手達が、応援してくださる皆様とハイタッチなどをしながらグラウンドを一周します。

※会場により、実施方法が異なります。詳細はHPに掲載する各試合のイベント情報をご覧ください。

④東日本大震災復興支援活動 「1点10円募金」
ジャパンラグビー トップリーグ 2018-2019シーズンの全120試合(リーグ戦、カップ戦)を対象に、全16チームの総得点をチーム数で割り、算出された得点1点につき10円を賛同チームが各自で募金いたします。

<メンバー>

リーダー会議 代表 稲橋 亮太(クボタスピアーズ)
幹事長 栗原 大介(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス)
チーム 氏名
NECグリーンロケッツ 大和田 立
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 栗原 大介、目崎 啓志
キヤノンイーグルス 金子 大介
クボタスピアーズ 稲橋 良太、岡田 一平
神戸製鋼コベルコスティーラーズ 安井 龍太
コカ・コーラレッドスパークス 徳重 元気
サントリーサンゴリアス 村田 大志
東芝ブレイブルーパス 金 寛泰
トヨタ自動車ヴェルブリッツ 佐藤 穣司
豊田自動織機シャトルズ 木村 貴大
パナソニック ワイルドナイツ 金田 瑛司
日野レッドドルフィンズ 片岡 将
Honda HEAT 圓生 正義
宗像サニックスブルース 下山 翔平
ヤマハ発動機ジュビロ 山路 和希
リコーブラックラムズ 福本 翔平

RELATED NEWS